マイ♡スイートホーム in Britain

イギリスお家奮闘記

イギリスの野鳥たち① パイに焼かれても… 元気印の鳥ブラックバード


スポンサードリンク

野鳥を観るようになって気づいたのですが、

鳥っておふたり様世界なんですね。

 

我が家に来るほとんどの鳥は

パートナーとつがいで行動してます。

昨日もアオガラご夫妻が庭のココヤシファイバーの鉢を突っつき

小さなくちばしでファイバーを一生懸命引きちぎってました。

協同作業で巣作りをしてるのでしょうね。

 

結婚してからバードウォッチャーになって良かった。

シングルの時だったら焼きもち焼いてたかも。

 

鳥がカップルで生活するのは子育てのため。

卵を温めたり、餌を取ってきてヒナに与えたりするには片親では無理。

どうしてもオスとメスが協力する必要があるのですって。

 

でも鳥のカップルは見た目がほとんど一緒。

小さいので、肉眼でオスとメスを見分けるのはほぼ不可能。

その点ブラックバードはオスメスの違いがはっきりしてるので

初心者の私でもすぐに分かります。

 

オスは全身が真っ黒で黄色いくちばし、

メスは全身が茶色でくちばしも茶色です。

私達は愛情と尊敬を込めて彼らを

ミスター&ミセス・ブラックバードと呼んでいます。

f:id:magpie214:20200428041836j:plain

お茶目なミスター・ブラックバード

仲良しのブラックバードご夫妻ですが

性格は似ていません。

ミセス・ブラックバードは働き者でしっかり者。

育児のためのタンパク質補給に

お皿のエサだけでなく、地面を突っつき

土を豪快に跳ね飛ばしては虫を探して食べ、

時には自分の巣の子供達に運んだり。

f:id:magpie214:20200428042828j:plain

土掘りに忙しいミセス・ブラックバード

方やミスターはあまり土掘りはせず

専らお皿からお皿へ飛び移りお気楽に食べるのが好き。

大抵いつも庭にいて遊び回っていて、

巣にはほとんど戻っていないように見えるけど

ちゃんとイクメンしてるのかしら?

グータラ亭主でなければいいのですが。

 

日本ではあまり見かけませんが

ブラックバードはイギリスではどこにでもいる

お馴染みの鳥だそうです。

たぶん誰でも聞いたことがあると思う

ビートルズのナンバー、『Blackbird』 にも歌われていますね。

 

この歌を作曲したポール・マッカートニーはブラックバード

当時の白人優位の社会で抑圧されていた黒人女性になぞらえたとのこと。

でも私が見る限り彼らには歌のような悲壮感は皆無。

 

芝生の上をツツツツーっという感じで滑るように歩き回ったり、

きゃきゃきゃきゃきゃーとけたたましく鳴きながら

枝から枝に飛び移ったり、

止まった枝の上で得意そうに尾っぽをくいっと持ち上げたり。

 

とにかく賑やかで愛嬌たっぷりのユーモラスな鳥。

活発で、自由自在にガーデン・シアターを飛び回り

ロックダウンで外に出れない私達を

楽しい気分にしてくれるムードメーカーです。

 

朝夕のエサやりタイムにはもう待ち構えていて

誰よりも早くお皿に直行。

リスやハト達に混じっても臆することなく

追い散らされてもメゲずにすぐ舞い戻って来ます。

f:id:magpie214:20200428074048j:plain

ハトと一緒にエサをついばむミスター

 ロビンと同じように人懐っこく、

平気で私達のすぐそばまで来るのですが、

ロビンはオペラ歌手のように芸術家気質なのか

時々歌声は聞こえても姿を見せないことがあります。

ブラックバードの方はいつでも庭にいて、

見た目も地味で庶民感じがします。

 

ブラックバードの日本名はクロウタドリ

 

私の好きなアガサ・クリスティーのミステリーに

『ポケットにライ麦を』という作品があります。

マザーグースの『6ペンスの唄』の通りに殺人が行われるのですが、

この詩の中にこんな一節が。

 

24羽の黒ツグミ

パイの中に焼き込められた

パイを開けたらそのときに

歌い始めた小鳥たち

 

マザーグースらしいなんともシュールな詩ですが、

この黒ツグミ

英語ではなんとブラックバードだったんですね!

最近知りました。

 

Four and twenty blackbirds
Baked in a pie.
When the pie was opened
The birds began to sing.

 

クロウタドリがなぜ黒ツグミと誤訳されたのか。

翻訳者が私のように鳥に詳しくなかったのか、

クロウタドリだと語呂が悪いので敢えてそうしたのか

理由はわかりませんが

パイに焼かれても明るく歌い出しそうなほど

ブラックバードはいつでも元気いっぱい。

 

ビートルズの歌よりも

こちらの方が彼らのキャラクターにピッタリな感じがします。

 

👇イギリス情報の人気ランキングはこちら

 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

この記事が参考になった!と思ったらクリックを。

参考にならなかったら無視してね(笑